タイトル画像

いまいちメディアを信用できない!! 世界ではどんなことがニュースになっているの?

 

こんな悩みを解決する本、紹介します。

『世界のニュースを日本人は何も知らない』
著者 谷本真由美
(ワニブックス)
2019年10月25日初版

タイトル画像

【『世界のニュースを日本人は何も知らない』 何を解決できる?】

日本は他国からどう思われている? 世界で起きている真実を知ることができる1冊!!

しおつんイラスト

日本が危機的状況であることを理解する

一昔前までは、「日本人は真面目だ」「日本は豊かな国」「日本は安全な国」という好印象がありました。しかし、今では世界各国の人々が日本人に多くの疑問を抱いているのです。

本書は全6章にわかれていて……

序章 日本人はなぜ世界のニュースを知らないのか
1章 世界の「政治」を日本人は何も知らない
2章 世界の「常識」を日本人は何も知らない
3章 世界の「社会状況」を日本人は何も知らない
4章 世界の「最新情報」を日本人は何も知らない
5章 世界の「教養」を日本人は何も知らない
6章 世界の「国民性」を日本人は何も知らない
終章 世界の重大ニュースを知る方法

というラインナップです。

今、日本が抱えている問題を正確に知ることで自分がやるべきことが見えてきます。

【『世界のニュースを日本人は何も知らない』 のぞき見】

 

※ ここからは引用解説です。

本の一部を抜粋しておりますので、読みたくない方は「書籍情報」まで飛ばしてください。

のぞき見1 「日本人は受け身が多い」

「日本人は受け身が多い」

学校の課題や試験においても、先生や教科書が述べていることをそのまま丸暗記して書くだけなので、そこにも自分の意見を挟める余地などない。
それを三歳から成人になるまで繰り返すのですから、目上の人や有名な人、公式な書物や報道によって伝えられることは信用するものだと潜在的に刷り込まれてしまうのも当然でしょう。

『世界のニュースを日本人は何も知らない』(ワニブックス)
谷本真由美
考える力を見つけるべき

学校で習うことは、「テストで良い点をとるための勉強」です。これで思考力が身につくのであれば苦労しません。しかし、社会に出たら最初に言われることが……

自分で考えろ!!

です。そんなことを習っていないのに、何を自分で考えるのか? 若者が自分の考えを持って行動できないのは、大人たちのせいです。

正解教育をやめる

子どもの頃から疑問だったのは「国語には正解はない」と言いながらも、しっかりとテストには模範解答があって、それに近いものが書けないと「△」や「×」がつくことです。

「正解以外はすべてダメ」という教育は時代遅れなのです。間違ってしまったときに「それは違う」で終わらせるのではなく、「どうやって考えたのかな?」という道筋を聞いてあげる必要があります。

生徒は先生の正解を当てにいく

教える現場で痛感しますが、とにかく今の若者はなんでも質問します。教えたことを自分で試す前に「やり方を教えてください」と来るのです。「自分で考えるという思考がムダだから、先生に直接聞いた方が早い」という彼らなりの答えです。

だから私は言うのです……「間違ってもいいから、自分でできるところまでやってごらん」と……自分で考えて答えを出す楽しさを大人が教えてあげればいいのです。

のぞき見2 「眠らずに仕事をするのは時代遅れ」

「眠らずに仕事をするのは時代遅れ」

睡眠時間を削って長く働いたほうがより生産性が向上すると思い違いしそうですが、残念ながら豊かな国ほど長い時間寝ているということがわかります。一方で発展途上国は睡眠時間が短い国が少なくありません。

『世界のニュースを日本人は何も知らない』(ワニブックス)
谷本真由美
睡眠は絶対に削るな!!

どんなに仕事が大変でも、どんなに勉強したいことがあっても睡眠を削ることは絶対にやめましょう。翌日のパフォーマンスが落ちるのは言うまでもありません……

ストレスで生物は死ぬ?

ある実験で、ネズミが睡眠をとろうとしたら棒で突き「眠らせないようにする」という残酷な睡眠実験が行われました。この結果、眠ることを許されなかったネズミはストレスで凶暴化した後に命を落としたそうです。

睡眠が足りていないときは、脳から信号が出ます。体のダルさや目元の疲れなど……この信号をキャッチしないと、健康状態が乱れます。日本には睡眠不足の人がたくさんいます。これは朝の通勤電車や、帰宅ラッシュの電車内を見渡せばすぐにわかることです。

生活リズムを見直す

当たり前のことですが、自分の生活リズムを見直さない限りは、睡眠不足が改善されることはありません。帰宅後にダラダラする時間をやめたり、寝る前の飲酒を控えるなど悪習慣を1つでも断ち切る努力をしましょう。

あなたが本当に自分の命を大切にしたいのであれば、早急に改善する必要があるのです。寝ずに頑張ったことは、誰も評価してくれませんから……

【『世界のニュースを日本人は何も知らない』 書籍情報】

 

読みやすさ
ページ数 252ページ
本の特徴 ・全6章にわかれている
・図やイラストなし
・世界で流れているニュースを知れる
・日本人の弱点を知ることができる
・新聞やテレビに騙されない力がつく

いまいちメディアを信用できない!! 世界ではどんなことがニュースになっているの?

⬆️こんな人にオススメ⬆️

【この本もオススメ】

 

 

【まとめ】

✔︎ 日本の現状から目を背けない

✔︎ 子どもに考える楽しさを教えよう

✔︎ 忙しくても睡眠だけは削らない

しおつん

日本は素晴らしい国だと思っていますが、現実は時代遅れな国なのです。日本の中だけに視野を狭めずに「今、世界では何が起こっているのか?」ということに目を向ける必要があります。

その結果、日本の素晴らしさを実感できることもあれば、「日本にはこれが足りないぞ」と感じることもあるのです。足りないものは他国から学べばいいのです。

『世界のニュースを日本人は何も知らない』を読んで、世界の真実をアップデートしましょう。

 

⬇️CO-2Nの電子書籍⬇️

『不自由を選択してしまうあなたへ』
📚Kindleにて販売中📚

⬇️CO-2Nのnote⬇️

『宇宙一やさしい読書術』
📖一部無料公開中📖

はてブボタン画像

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事