タイトル画

2020年2月8日更新!!

今日の記事は……

・ お金について学んだことがない

・ お金のことで騙されたくない

⬆️に当てはまる方は、必見です!!

 

あなたは、お金でトラブルになったことはありませんか? または、よくわからずに税金を払っていませんか?

「お金」の話をすると……

お前はお金が好きだよな……

そんなにお金が好きなの?

などと言われることを恐れて、話せない人も多いかもしれません。
しかし、誰もが、、、

 

お金で困りたくないな……
と思っています。
金持ちにはならなくても、ある程度のお金は手元にあってほしい……だけど話せない……
今日は、「お金」について話していきます。
タイトル画

「お金術」は独学で学ぶ!!

独学 イラスト
結論から言ってしまうと、お金に関しては独学で学ぶことをオススメします。
最も手っ取り早いのが「本」です。
YouTubeなどでも「簡単にお金を稼ぐ方法」や「これだけでお金が貯まる」という動画はたくさんありますが、「お金」はみんなが興味を持つジャンルなので、タイトルだけ立派で内容が薄いものが、かなり出回っています。
そんな動画を見ても、「役に立たない」「騙される」「時間の無駄」というのがオチです。

学校では「お金」のことを教えてくれない

「お金」に関しては、不思議なことに学校では教えてくれません。
商業高校などで簿記を学んだ人は、学ぶ機会があるかもしれませんが、多くの人は社会に出てから学ぶことになります。
とは言っても、社会人の中でも税金の仕組みを勉強したことがなくて、言われるがままに払い続けている人もいるでしょう……
完全に国に搾取されますよ!?
私は「お金」に関することは読書で学びました。
今では、本当に学んで良かったと思っていますが、もっと早く知っておけば良かった……というのが本音です……

「投資」を怖がる日本人

お金 イメージ画
「投資」というと「株」を思い浮かべる人がほとんどでしょう。
お金を学ぶ上では「投資」や「株」というワードはつきまといます。
一般的な人は「株」という言葉を聞くと、、、

株ってギャンブルでしょ?

株は、やめといたほうがいいよ?
なんていう人が多いでしょう。私も言われたことがありますwww
しかし「株」という言葉に怖いイメージがある人は、勉強をしていないんだな……と判断できます。
なんでも未知の世界は怖いものです。ましてや「株で失敗した」という設定はドラマや映画につきものです。あれは、本来の株のやり方ではありません。
ドラマや映画で借金地獄になる株のやり方は、本当の株の運用方法ではないのです!!
現に、金持ちのほとんどが株をやっています。もちろん正しい運用方法で……

株ができるのは、金持ちだけでしょ?
と思うかもしれませんが、今では100円から株ができるシステムがスマホのアプリに存在します。
100円からなら、誰でもできそうじゃないですか?
今回は、多くの人が知らない「株」を例に出してみましたが「国債」「銀行」「投資」「NISA」「仮想通貨」「キャッシュレス」など、詳しく知らないものばかりではないでしょうか?
すべて、わかりやすく本に書いてあります。
金が人生のすべてではない!!」
ごもっともです。しかし、ないと困るものでもありますよね?
だったら、勉強しないと無駄にお金を払っていたり増えるお金も減っていきます。

【とりあえずこれだけは読もう!!】

じゃあ、どんな本を読めばいいの?
「お金」に関して学ぶのであれば『金持ち父さん貧乏父さん』(筑摩書房)
著ロバート・キヨサキ
2000年から不変のロングセラー本です。
累計400万部を突破した「お金術」のトップです!!
まず、お金持ちになるとかならないではなく、「お金とはなんなのか?」というものを学び、自分にできることから始めればいいのです。
もし本が難しいな……と思ったらYouTubeで「金持ち父さん貧乏父さん」と調べれば、要約してくれている人がたくさんいます。
私がオススメしているのは「サラタメさん」という人がやっている要約動画です。
リンクを貼っておきます。

まとめ

学校でも教えてくれなかった「お金」に関しての知識は本から学ぼう!! まずは『金持ち父さん貧乏父さん』がオススメ!!
CO-2N イラスト
「知らない」=「怖い」と思うものは、この世の中にたくさん存在します。
その中でも「お金」は、生活に関わるものとして、人間すべてが重要視することですよね? お金は、知らないと確実に騙されます。
「学ばない人はお金を搾取される」
という言葉は、多くのインフルエンサーが言っています。
知らないなら、学べばいい……ただそれだけのことです。
騙されたくないのであれば、「お金」についてを学び、自分のお金を自分で守りましょう!!
CO-2N
はてブボタン画像

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事