タイトル画像

 

2020年3月25日更新!!

年間読書冊数212冊のCO-2N(しおつん)が本を解説します!!

CO-2N イラスト

今日の1冊は……

『死ぬこと以外かすり傷』(マガジンハウス)
著者 箕輪厚介

Amazon 画像

 

こんな人にオススメ

・ 本当の努力を知りたい人

・ 人と差をつける方法を知りたい人

・ 人生の成功者になりたいと願う人

 

⬆️に当てはまる方は、必見必読です!!

タイトル画像

【著者 箕輪厚介 プロフィール】

 箕輪厚介(みのわ こうすけ)

1985年 東京都生まれ
幻冬社編集者

[経歴]

・ 早稲田大学第一文学部卒業
・ 2010年に双葉社に入社 広告営業
・ 『ネオヒルズ・ジャパン』を創刊し、アマゾン総合ランキング1位
・ 2014年に編集部に異動
・ 堀江貴文の本を編集
・ 2017年に幻冬社に移籍
・ News Picks Bookを立ち上げて編集長になる
・ 『多動力』『お金2.0』『人生の勝算』などを編集
・ オンラインサロン「箕輪編集室」の会員は1300名を超える

【『死ぬこと以外かすり傷』 結論】

ごちゃごちゃ考えないで、手を動かせ!!

最近ではメディアに露出する機会の多い
箕輪さんの著書ですが、13万部を突破する
ベストセラー本です。

これからの時代の生き方や、
成功するまでの考え方などを学べます。

とにかく「スピード」と「行動」
ということが、この本の結論と言えるでしょう。

自分を守る言い訳が思いつく前に、
手を動かして量をこなす……

その結果、どのような未来が待っているのか?

本書にたっぷりと書かれています。

 

【スマホが人間にもたらした影響】

 

スマホ

人はスマホによって孤独になった。スマホという小宇宙によって、人は自分が好きなものしか見ないようになった。その結果、好みの生き方が凄まじい勢いで細分化した。スマホから顔を上げると、周りは自分と違う世界の住人ばかりだ。

『死ぬこと以外かすり傷』(マガジンハウス) 箕輪厚介

 

決してネガティブな意味だけで
とらえる必要はありません。

自分の好きなものしか見なくていいほど
たくさんの情報を手に入れることが
できるという考え方もできます。

しかし、その一方で
自分と違う価値観をもった人と
接する機会は格段に減りました。

オンラインサロンやSNSの
コミュニティなどは、代表的な例でしょう。

今後、新しいことにチャレンジするときは
他人に批判を受けることを覚悟して
真っ向からぶつかっていける勇気がなければ
あなたを批判してくる声に
押し潰されてしまうかもしれません。

周囲の声を受け止めすぎずに
自分が進むべき道を
突破できる人が成功の鍵を
握っているのです。

 

【昨日の自分を超えているか?】

 

ジャンプ 画像

人の何十倍も努力しろ、と言うけれど、人間はみな平等に24時間しか持っていない。不眠不休で働いたとしても、時間で考えるとせいぜい人の2倍しか努力はできない。
では、どこで差がつくのか。それは、「昨日までできなかったことをできるようにする」ということを日々積み重ねることだ。昨日と同じコピー取りを今日も繰り返していたところで成長はない。

『死ぬこと以外かすり傷』(マガジンハウス) 箕輪厚介

 

昨日できなかったことを
今日できるようになっていれば、
それは自分の自信にも成長にも
繋がります。

私たちは、1年前3年前……
という年単位で考えてしまいがちですが
「昨日の自分」から成長できる日々が
続けば、確実に速いペースで
成長できます。

どんなに小さなことでも
昨日の自分に勝つことができれば
成長が止まることはありません。

他人と勝負するのではなく、
「昨日の自分」と勝負するのが、
一番わかりやすく努力ができる
コツと言えるでしょう。

 

【書籍紹介】

 

読みやすさ
読書ランク 初心者・中級者・上級者
本の特徴 ・ 全173ページ
・ 全6章に分かれている
・ 各章3〜7項目
・ 強調の文字やイラストはない
・ 初心者には読みにくさを感じる可能性がある
・ 中級者以上にオススメ
こんな人にオススメ

・ 本当の努力を知りたい人

・ 人と差をつける方法を知りたい人

・ 人生の成功者になりたいと願う人

 

【まとめ】

・ 他人に批判されることは当たり前

・ 戦う相手は「昨日の自分」

・ 『死ぬこと以外かすり傷』を読もう!!

CO-2N イラスト

文章から、こんなにも
不器用な熱意が伝わってきた
ことはありません。

本の後半は、
「思わずページをめくってしまう」
という現象がおこりました。

熱い男が好きな人は、
確実に好きな本です(笑)

どんな成功者にも
共通していることかもしれませんが、
成功者と呼ばれる人は
「努力」の最低ラインが高いところにあり、
「スピード」と「量」が桁違いです。

「どれくらいやればいいのか?」

そんなことを考える前に、
自分が納得するまで
手を動かし続けることが
最優先なのでしょう。

つい頭で考えすぎてしまう人には
新しい価値観を与えてくれる1冊です。

 

本と共にあれ ■

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事