【解説】『無敵のメンタル』千田琢哉 著

 

2020年3月5日更新!!

 

年間読書冊数212冊のCO-2N(しおつん)が本を解説します!!

CO-2N イラスト

今日の1冊は……

『無敵のメンタル』(学研プラス)
著者 千田琢哉

『無敵のメンタル』 Amazon

こんな人にオススメ

・ 自分はメンタルが弱い

・ ストレスを溜めやすい

・ メンタル強化の方法を知りたい

 

⬆️当てはまる方、必見必読です!!⬆️

 

【著者 千田琢哉 プロフィール】

 

千田琢哉(せんだ たくや)

愛知県犬山市生まれ
文筆家

[経歴]

・ 東北大学教育学部教育学科卒
・ 大学時代に10,000冊の本を読破!!
・ 日系損害保険会社本部
・ 大手経営コンサルティング会社を経て独立
・ 10,000人を超えるビジネスパーソンと関わる
・ 著書は167冊を超える(2020年2月現在)
・ 2019年だけで9冊の著書を出版

※ CO-2Nの推し著者

 

【『無敵のメンタル』 結論】

メンタルは「努力」で強くするものではない。
「考え方」で強くなる!!

「メンタルが強い人」は、あなたの周りにもいるでしょう。
しかし、その人が努力してメンタルが強くなったと思いますか?

メンタルが強いと思う人は2つのパターンに分かれます。

・ 本当は弱いけれど隠している

・ 考え方が人とは違う

 

どちらの方が、ストレスを抱えないのか?
後者だということは誰でもわかりますね。
「メンタルを強化しよう!!」と思ったとき、
気合いではどうにもなりません。

メンタル強化の鍵を握っているのは「考え方」なのです。

『無敵のメンタル』では、メンタルを強化するための「考え方」や「行動」がいくつも紹介されています。

どれか1つでも実践すれば、
あなたも無敵のメンタルを手に入れるための1歩を踏み出せることでしょう……

 

【緊張の原因とは?】

 

緊張 画像

何事にも、挑戦することを避ける癖がついてしまった人たちがいる。
理由を聞いてみると、多くの人は緊張して失敗した経験が心の傷になっているようだ。
そもそも人はなぜ緊張するのか。
緊張の原因は、「自意識過剰」と「準備不足」にある。

『無敵のメンタル』(学研プラス) 千田琢哉

 

「準備不足」に関しては説明不要かと思います。
面接やプレゼンなどの準備を怠れば、緊張するのは当たり前ですね。

「自意識過剰」に関しては「???」な人が多いでしょう。

この「自意識過剰」というのは、
「自分のことを良く見せよう!!」という思いから生まれてきます。
1番かっこいい自分、1番素敵に見える自分を出そうとすると、途端に……

 

失敗したらどうしよう……

恥をかきたくないわ……

 

というネガティブなイメージが、まとわりついてきてしまいます。
緊張するであろうシーンで、毎回緊張してしまう人は、
「失敗しても良いじゃん!!」と割り切ってしまうことが重要です。

私も役者としてオーディションという場を何度も経験しましたが、
ある時に気がついたことがあります……

「審査する人は成功か失敗かを見ているんじゃないぞ?」

ということです。
あなたのことを1番気にしているのは、
審査員ではなく「あなた自身」です。
そもそも、あなたの中で「成功」だと思っても、
見ている側も「これは成功だ」と判断できるとは限りません。

逆も同じで、あなたが「失敗した」と思ったことが、
見ている側は、「成功したな」と感じることもあるのです。

つ・ま・り!!

勝手に自己採点していることが自意識過剰なのです!!

目をつむって蹴り飛ばしたボールがゴールに突き刺さることもあれば、
慎重に蹴ったのに枠を外れることだってあるのです。

準備をしっかりして、「失敗して当然!!」 だと思うことが緊張を和らげるコツなのです!!

 

【人の人生を生きるな】

 

口を閉ざす 画像

あなたがもし、本気で人生を充実させたければ、
この嫌いな人について滔々(とうとう)と語る時間を、
人生から完全に排斥(はいせき)するべきである。
嫌いな人について熱く語る時間を人生からゼロにするだけで、
あなたの人生に自由時間がドカン!と増えるだろう。

『無敵のメンタル』(学研プラス) 千田琢哉

 

あなたは人の悪口しか言わない人のことを尊敬できますか?
100%の確率で「NO!!」と答える人ばかりでしょう。
それなのに、私たちは嫌いな人について永遠と話をしてしまう生き物なのです。
はっきり言って時間の無駄です……

「人の悪口を言っている間に、自分を高める時間を失っている」

ということを忘れてはいけません。
そして人の悪口を言っている人は、
確実に違う場所で自分の悪口を言われています。

あなたの人生でもっとも無駄な時間は「他人の人生を生きる」という時間です。

「悪口」は、その代表例でしょう。
悪口を言い続けて成長した人は過去に1人もいません。

もしも、どうしても耐えられないほど誰かにイライラしたのであれば、
紙に殴り書きしてみましょう。書き終わった後に……

 

くだらないことで悩んでいたな〜

 

と、イライラしていたことがバカバカしくなります。
これは私がイライラを沈めるために毎回使う、
超簡単な方法です。ぜひお試しあれ……

 

【書籍紹介】

 

評価
読みやすさ
本の特徴 ・ 全256ページ
・ 全6章に分かれている
・ 46の項目で1項目の説明が簡潔
・ 字のサイズ大きめ
・ 初心者にも読みやすい
こんな人にオススメ

・ 自分はメンタルが弱い

・ ストレスを溜めやすい

・ メンタル強化の方法を知りたい

 

【まとめ】

・ 緊張の原因は「練習不足」と「自意識過剰」

・ 自分の人生を生きるために「悪口」は排除する

・ 『無敵のメンタル』を読もう!!

CO-2N イラスト

メンタルを強化する本は、世の中にたくさん出回っています。
私はその中でも、この『無敵のメンタル』を最初に読むことをオススメします。

理由は、「再現性があるから」です。

本に書かれていることを、行動に移さなければ、
その本を読んだ意味がありません。
この『無敵のメンタル』では、、、

「すぐに行動できること」が多く書かれているのです!!

日常生活で明日から試せる方法が、
こんなにも紹介されている本は数少ないでしょう。

全部で46の方法が紹介されていますので、「これは自分に合わないな……」
と思ったら、次の方法を試してみればいいのです。

メンタルは「気合い」ではなく「考え方」で強化していきましょう!!

 

本と共にあれ ■

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事