本の選び方 ①簡単に本を選ぶための「3つの目的」

「読書が苦手」な人が、「今日から読書をしよう!!」と思っても、最初につまづいてしまうのが……

どんな本を読めばいいの?

ということです。

読書術の本には「この本は絶対に読むべき」「自由に選べ」などと書いてあることが多いのですが、読書家がオススメしている本は初心者にはむずかしいものが多く、また「自由に選べ」と言われても、それができたら苦労はしないのです……

 

「本を選ぶ」前にするべきことは「読書をする目的」を決めることです。

 

読書をする目的は、大きく分けて3つだけです。

 

Point
1 新しい知識を身につける。

2 知っている知識を深める。

3 楽しむ。

 

本を読む目的が決まってしまえば、あなたのための本は簡単に見つかるのです。

早速、解説していきましょう。

 

 

【3つの目的】

 

1 新しい知識を身につける

2 知っている知識を深める

3 楽しむため

 

「自分が、どんな目的で本を読むのか?」これがわからなければ、ゴールのないマラソンをひたすら繰り返すことと同じです。

多くの人が「本を読む」ことが目的になっていますが、「本を読む」ということは1つの手段であり、目的ではありません。

 

私は本は「読む」ではなく「使う」が正しいと考えています。

 

読んだ本から学ぶことがあったのに、それを日常で活かせないのであれば意味がないからです。

 

野球少年が監督に「素振りを1000回しなさい」と言われて毎日ただ素振りを1000回したとしても、上達はしないでしょうし、時間の無駄です。

それに気づいた野球少年が……

1000回やるよりも、

1回1回ピッチャーを想像して

100回素振りをしよう。

 

という目的を決めた方が、有意義な練習になることは誰でもわかります。

100回の素振り =(練習)手段

試合での成績 = 結果

 

読書が苦手な人は 「とにかく1冊読みたい」という気持ちが勝ってしまい、読み終えたところで満足してしまう傾向があります。これでは、ただの時間の無駄になってしまいます。

 

本を読むことは「手段」であり「目的」ではない。

 

これは、本を読むときに忘れずに意識する必要があります。

まずは3つの目的の中から、あなたが本を読む目的を決めましょう。

 

1 新しい知識を身につける

2 知っている知識を深める

3 楽しむため

 

【失敗しない本選び】

 

読書が苦手な人の失敗例は様々ですが、いきなり書店に行っても数多く並ぶ本棚を目の前にして……

 

どれを選べばいいんだ……

 

と悩んでしまうパターンが多いでしょう。

「自由に選んでください」と言われるほど、人間は「不自由」になります。

 

では、次の3つの質問に答えてみてください。

 

A あなたが現在悩んでいること。

B あなたの「趣味」「特技」

C あなたが好きな「ドラマ」「映画」

 

1つの質問につき、答えが何個あってもかまいません。

逆に「思いつかない」という人は、思いつく範囲の答えでかまいません。

最低1つでも答えがあれば、本を選ぶヒントになります。

 

今、あなたが答えた言葉に「本」と付け足してネットで検索してみましょう。

 

そんな簡単なこと、

誰でもできるでしょ?

 

こう思われることはわかっています。

しかし、多くの人がこの簡単で誰でもできる準備を怠るのです……

 

検索の例を見ていきましょう。

Aの例 「英語を話したい 本」「痩せたい 本」「人間関係 本」

Bの例 「トレーニング 本」「手芸 本」「パソコン 本」

Cの例 「(ドラマのタイトル) 本」「(映画のタイトル) 本」

 

これでも、たくさんの検索結果が出てくるときは、「やさしい」「わかりやすい」「入門」「かんたん」「ランキング」などの言葉を追加して検索してみましょう。

選択肢が絞られてきます。

 

ここで見つけた本が、どんなにビビッときても、すぐに買うのは禁物です!!

 

【目的と選び方】

 

1番最初に書いた「3つの目的」とあなたが答えた質問のA〜Cはセットになっています。

 

1 知識を身につける = A「悩み」

あなたが悩みを抱え込んでしまう原因は、解決方法を知らないこと起こるでしょう。

新しい知識を身につけることで、ヒントを手に入れることができます。

ここでは、以前も書きましたが「自分にはできない」「この人だからできる」と投げ出さずに「こういう考え方もあるのか」「自分だったら、どんなことに置き換えられるだろうか?」と考えることが重要です。

 

2 知識を深める = B「趣味」「特技」

「趣味」や「特技」に関しては、すでに知っている知識があるでしょう。今の現状から趣味や特技をレベルアップするために、本はあなたを助けてくれます。

レベルアップは、何も中級者向けの本に書いてあるとは限りません。入門書などに、あなたが見逃していた基礎が書いてあれば、それは新たな発見として成長できるチャンスになります。

 

3 楽しむ = B「ドラマ」「映画」

1度でも観たことのある「ドラマ」や「映画」の原作は内容を知っているため、気軽に読むことができるでしょう。

原作にしか登場しない人物やシーンがあることも本を読む楽しみの1つです。

特に、あなたが好きな「ドラマ」や「映画」であれば、自然と「もっと読みたい」という気持ちが湧いてくるので、本を読むペースも上がることが期待できます。

 

【まとめ】

 

・ 3つの目的を理解しよう!

・ 読書は「手段」であり「目的」ではない!

・ 買う前に調べてみよう!

 

目的がないものに向かって走り出すほど、無謀なことはありません。そんなことはわかっているはずなのに、読書が苦手な人は「本を読む」ということしか頭にないため、ついつい準備を怠ってしまいます。

 

しっかりと準備ができていないものは途中でボロが出ます。

「目的を理解して、検索する」

たったこれだけのことを今の世の中では1分もかからずにできます。この1分を笑うものは読書の神様から「まだ早い!!」と突き放されてしまうのです。

 

本と共にあれ ■

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事