タイトル画像

 

2020年3月27日更新!!

年間読書冊数212冊のCO-2N(しおつん)が本を解説します!!

CO-2N イラスト

今日の1冊は……

疲労回復 最強の教科書』(SBクリエイティブ)
著者 久賀谷 亮

Amazon 画像

こんな人にオススメ

・ 最近疲れが溜まっている人

・ 精神疲労を軽くしたい人

・ 毎日、睡眠不足を感じる人

 

⬆️に当てはまる方は、必見必読です!!

タイトル画像

 

【著者 久賀谷亮 プロフィール】

 

久賀谷 亮 (くがや あきら)

医師(日・米医師免許)
医学博士

[経歴]

・ イェール大学医学部精神神経科卒業
・ アメリカ精神医学会会員
・ 臨床医として精神医療の現場に8年間にわたり従事する
・ 2010年ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業
・ 臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ
・ 主著・共著合わせて50以上の論文、学会発表も多数

 

【『疲労回復 最強の教科書』 結論】

疲労の原因は脳にある!!

『疲労回復 最強の教科書』では、
日常のあらゆる「疲労」の原因を
解消するための本です。

精神科医の久賀谷さんだからこそ
書くことができる内容満載です。

疲れていると、仕事のパフォーマンスも
ガタ落ちしてしまいますよね。
どうすれば、疲労をためずに
疲労回復できるのか?

あなたが感じている疲れも、
身体ではなく脳なのかもしれません……

 

【心配事を考えるムダな時間】

 

考える 画像

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のディレクターであるダイアナ・ウィンストンはこう言っています。
私たちが心配していることの9割は起きない。そして残りの1割がもし起きても、これに対処できない確率はさらにその1割だ」

『疲労回復 最強の教科書』(SBクリエイティブ)

久賀谷亮

 

心配事の9割は起こらない……
なかなか信じがたいことですが、
確かに、心配事に対処できなかった
という経験は少ないのではないでしょうか?

心配事は、常に私たちの
日常生活で精神を疲労させていく
原因になります。

しかし

「心配事の9割は起こらない」

ということを知っているだけで
気持ちが楽になってくるでしょう。

疲労を溜めてしまう原因は
脳であるということが
この文章からもわかりますね……

 

【睡眠不足は、想像よりもダメージがある】

 

コアラ睡眠 画像

大分大学などの500万人以上のデータによるメタ解析によると、6時間未満の睡眠は死亡率上昇と関係することが示されています。睡眠の低下は糖尿病、心臓疾患、肥満などのリスクを10〜40%上昇させることもわかっています。

『疲労回復 最強の教科書』(SBクリエイティブ)

久賀谷亮

 

日本人は、とにかくよく働く……

それによって犠牲になるのが
「睡眠時間」です。

毎日、睡眠不足を感じながら
仕事に向かって「身体がだるい」と
感じている人もいるでしょう……

その悪習慣の積み上げが
重い病気となってかえってくる事を
覚えておかなければいけません。

どうしても6時間の睡眠を
確保できない人もいますよね?
そんな人は、15分でも昼寝を
するように心がけてみましょう。

仕事はもちろん大事なものです。
しかし、自身の身体も大切にしないと
命を落としてしまうような病気にも
なり得るのです。

 

【書籍紹介】

 

読みやすさ
読書ランク 初心者・中級者・上級者
本の特徴 ・ 全220ページ
・ 全4章に分かれている
・ 各章10〜12の項目
・ イラストなどは少なめ
・ 強調の文字やマーカーが多くて見やすい
こんな人にオススメ

・ 最近疲れが溜まっている人

・ 精神疲労を軽くしたい人

・ 毎日、睡眠不足を感じる人

 

【まとめ】

・ 「心配事の9割は起こらない」ことを知っておく

・ 睡眠不足は、小さな積み重ねで大きな病気になる

・ 『疲労回復 最強の教科書』を読もう!!

CO-2N イラスト

日本人は、よく働くのに
休み方を学ばない……

これは大問題です。
身体に指令を出しているのは
まぎれもなく「脳」です。

『疲労回復 最強の教科書』では
脳を疲れさせないためのマインドを
たくさん学ぶことができます。

今よりも自分のパフォーマンスを
あげたい人には
必読の1冊になるでしょう。

 

本と共にあれ ■

 

はてブボタン画像

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事