本を読むと身につくもの ⑤「学力」

読書と学力の関係について、面白い結果を目にしました。

 

「読書をしている学生は学力が上がる」

 

というものです。

 

 

本を読めば、学力が上がる?

そんなの嘘でしょ?

 

 

と思うのは、あなただけではないでしょう……では、、、

 

 

『「本の読み方」で学力は決まる』 (青春出版社)

監修 川島隆太

著者 松﨑泰 榊浩平

の本に書いてあるデータをいくつか上げていきましょう。

 

【読書時間が学力に影響する?】

 

「1日10分以上本を読む」という学生は、4教科(国語)(算数/数学)(理科)(社会)の平均偏差値が50を上回る「成績上位」に入り「1日10分以下しか本を読まない(全く読まないを含む)」という学生は、平均偏差値50を下回り「成績下位」にいることがわかりました。

 

この結果の面白いところは、本を読む時間が「長ければ良い」というわけではなく、「本を読む時間が1時間〜2時間」という学生の偏差値が高いことが分かったのです。

 

【勉強ばかりでは学力は上がらないの?】

 

読書時間を、
勉強時間に使った方が、
学力上がるに
決まってるでしょ?

 

受験生の頃は
1日に10時間
勉強したわよ?

 

このような意見が出るのは当然です。しかし……

 

「1日2時間以上勉強をして読書は0時間」の学生は……「1日2時間以下の勉強をして読書を10分〜30分する」学生よりも成績が低いのです!!

 

つまり……

勉強時間を短くしてでも、読書を取り入れた方が学力がUPする。

 

勉強時間を割いてでも読書をすることで学力が上がることは、多くの人が信じませんし、やりません。

しかし読書を習慣にすることで「考える力」が身につくことは確実です。このときの「考える力」は勉強のような「与えられた問題を考える力」とは異なります。

読書は「自分の頭で考える力」です。本を読んで……

 

自分だったら
こうするぞ!

ここには違和感が
あるような……

この人の考え方には
共感できるぞ!

などと言った、他の人と同じにはならない「自分の頭で考える力」が生まれます。

これが、勉強をするときにも「柔軟な発想」「違う角度から問題を見る」ことにもつながります。

そして「問題文を読解する力」も身につくことでしょう。

 

【読書家の有名人たち】

 

大谷翔平選手(現役メジャーリーガー)中村憲剛選手(元サッカー日本代表)中居正広さん(アイドル)又吉直樹さん(芸人)

この誰でも知っている有名人の方々は、皆さん「読書家」です。

 

どの方も、自分の特化している分野で活躍をして、忙しい日々にも関わらず、読書をしているのです。

読書は学力だけでなく、仕事の成果にもつながると言えそうですね。

 

学生は「学力」を優先するのだとしたら、社会人は「生き抜く力」が必要です。

 

読書をしなくても
仕事が上手くいっている。

 

という方は、読書をすることで、さらなる自分の成長を感じられることでしょう。

 

あなたにとっての「得意分野」や「好きなこと」で新しい知識を身につけようとしているとき、それは「勉強をしている」という感覚にはならないことが多いはずです。

 

「得意分野」や「好きなこと」は、「勉強している」ではなく「ついついハマってしまった」という感覚なのです。

 

ここまで到達できれば、あなたは無敵モードに入れます。

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、他の人が……

 

よくそんなこと
勉強できるね?

 

と思うことでも「得意」「好き」という理由だけで、他人と差がつくほど知識が身につくのです!!

 

先ほど挙げた有名人の方達も「読書は辛い……」と思っていたら、読書はしていないでしょう。「自分はこれを学びたい」「もっと深く知りたい」という貪欲な気持ちが「ついつい読書をしてしまう」という状況にしているのです。

 

【まとめ】

 

・ 読書をすると、成績上位層に入れる。

・ 「自分の頭で考える力」を身につけよう!!

・ 「勉強」ではなく「ハマる」こと!!

「勉強ではなくハマれ!!」というのは言い換えれば「研究家」になることです。

 

どうしても 「勉強」という言葉は「やらされた」「やらなければいけない」という感覚になってしまいます。

これに対して「研究」は没頭しているイメージになります。自分に言い聞かせる言葉のチョイスも、モチベーションを保つための大事な要素です。

 

ぜひ、このブログのタイトルにもある「研究」に没頭して「学力UP・仕事の成績UP」を目指しましょう!!

 

本と共にあれ ■

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事