タイトル画像

 

2020年4月4日更新!!

 

年間読書冊数212冊のCO-2N(しおつん)が本を解説します!!

CO-2N イラスト

今日の1冊は……

『ど忘れをチャンスに変える思い出す力』(河出書房新社)

著者 茂木健一郎

 

Amazon画像

こんな人にオススメ

・ 記憶力をよくしたい人

・ 脳にまつわる知識を身につけたい人

・ 新しい時代の脳の使い方を知りたい人

 

⬆️に当てはまる方は、必見必読です!!

タイトル画像

【著者 茂木健一郎 プロフィール】

茂木健一郎(もぎ けんいちろう)

1962年 東京生まれ
脳科学者

[経歴]

・ 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了
・ 理学博士
・ ケンブリッジ大学
・ 現職はソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー
・ 専門は脳科学、認知科学。「クオリア」
・ 文芸評論家、美術評論にも取り組む
・ 自身の著書の多数出版

【『ど忘れをチャンスに変える思い出す力』 結論】

インプットで記憶せず、アウトプットで記憶せよ!!

引用でも軽く触れますが、
記憶をするときに
「読む」「見る」などの
インプットばかりをしていても
記憶はできません。

インプットしたものを
「書く」「声に出す」などの
アウトプットをすることで
記憶は定着していくのです。

記憶に深く精通するものは
歩ご存知の通り「脳」ですね。

そこは脳科学者である
茂木さんの本は必読書
と言っても過言ではありません。

『ど忘れをチャンスに変える思い出す力』
では、効率の良い記憶術が書かれています。

脳の働きを理解できると、
記憶力は飛躍的にアップします。

根性で「書いて覚える」ではなく
「効率よく覚える」と時間を
有効活用できるのです!!

 

【意識してぼーっとする】

 

ぼーっとする 画像

われわれが何もしないでいると、脳はようやく記憶を整理し始めます。つまり、ぼーっとして、心をさまよわせる、というのは「無駄」な時間にみえますが、大事な整理をしている時間なのです。

『ど忘れをチャンスに変える思い出す力』(河出書房新社)

茂木健一郎

「ぼーっとするな!!」
と叱られたことは、多くの人が
経験したことでしょう。
しかし、脳科学では
「ぼーっとする」という行為は
脳が整理される時間として
有効だというのです。
「ぼーっとする」ことが
通常時よりも脳を働かせている
ことも、脳科学ではわかっています。
1日の中で常に悩み事を考えていたり
集中して仕事をしていると、
「ぼーっとする」時間は作れませんよね。
つまり、永遠に脳内が
散らかった部屋のまま
作業をしていることになります。
これでは脳がちゃんと働くことは
むずかしそうですね……
今日から、意識して
「ぼーっと」して脳内整理の時間を
作ってあげましょう。

【思い出す過程が大切】

 

考える 画像

思い出そうとしても思い出せないことはよくあって、そういう状態はイライラするので、思い出そうとすること自体をやめてしまう人がいます。しかし、ど忘れは、実はチャンスなのです。

『ど忘れをチャンスに変える思い出す力』(河出書房新社)

茂木健一郎

 

タイトルにもあるように
「ど忘れはチャンス」なのです。

私たちが「思い出す」という
時間を使っているとき、
脳はフル回転します。

必死に考えて思い出せたとき、
その記憶は定着するのです。

脳がどんな働きをするから
思い出すと記憶が定着するのか?
この詳しい解説は、
本書を読んで確かめてみてください。

脳の仕組みを理解すると……

なんだ、そういうことだったのか!!

 

と納得できるはずです。

やり方だけを学ぶのではなく、
「なぜそうなるのか?」という
仕組みを理解することは
とても重要です。

 

【書籍紹介】

 

読みやすさ
読書ランク 初心者中級者・上級者
本の特徴 ・ 全223ページ
・ 全6章に分かれている
・ 各章7〜13項目
・ イラストは少ない
・ 脳科学をもとに書かれている
・ 記憶にまつわる知識が豊富
こんな人にオススメ

・ 記憶力をよくしたい人

・ 脳にまつわる知識を身につけたい人

・ 新しい時代の脳の使い方を知りたい人

 

【まとめ】

・ ぼーっとする時間を作ろう

・ 思い出す作業が記憶の定着に一役かってくれる

・ 『ど忘れをチャンスに変える思い出す力』を読もう

CO-2N イラスト

脳科学で日本を代表する茂木さん……

未だ解明されていない人間の脳について
こんなにもわかりやすく
解説してくれる人は他にいません。

脳がどうやって働くと
記憶力が上がるのか?

これを知るだけでも
本を読む価値があります。

私たちは、死ぬまで
記憶力と隣り合わせで
生きていきます。

無駄な努力をなくして
効率よく時間を使うことが
人生を豊かにするための
第1歩なのかもしれません……

 

本と共にあれ ■

はてブボタン画像

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事