タイトル画像

 

2020年3月15日更新!!

年間読書冊数212冊のCO-2N(しおつん)が本を解説します!!

CO-2N イラスト

今日の1冊は……

『読書をお金に換える技術』(ぱる出版)
著者 千田琢哉

Amazon 画像

 

こんな人にオススメ

・ 読書は意味がないと感じる

・ 読書で稼ぐ方法を学びたい

・ 読書をしても日常が変わらない

 

⬆️に当てはまる方は、必見必読です!!

 

タイトル画像

 

【著者 千田琢哉 プロフィール】

千田琢哉(せんだ たくや)

[経歴]

・ 東北大学教育学部教育学科卒
・ 大学時代に10,000冊の本を読破!!
・ 日系損害保険会社本部
・ 大手経営コンサルティング会社を経て独立
・ 10,000人を超えるビジネスパーソンと関わる
・ 著書は167冊を超える(2020年2月現在)
・ 2019年だけで9冊の著書を出版

※ CO-2Nの推し著者

 

【『読書をお金に換える技術』 結論】

稼ぐための知識は、すべて本に書いてある!!

『読書をお金に換える技術』は、
「稼ぐ」に特化にした読書術の本です。

どんな本でもそうですが、
「なんで本を読むのか?」
という目的が決まっていないまま
本を読みはじめても、
本はあなたを助けてくれる
ツールにはなりません……

あなたが「稼ぎたい」と
思っているのであれば、
その道のプロの技術を盗めばいいのです。

盗むといっても、
著者が「読んでください」と
公に売っているのですから
堂々と知識を盗めます。

読書は、未来の自分に対する
自己投資です。
『読書をお金に換える技術』には、

「稼ぐためには、
どんなことを意識して読書をするべきか?」

この答えが書いてあります。

 

【無理してビジネス書を読まなくていい】

 

漫画 画像


極端な話、私は漫画以外の本を読みたくない人は読まなくてもいいと思う。

これは決して諦めだとか開き直りで述べているのではない。
ここ最近は古今東西の名著、ビジネス書や自己啓発書だって続々と漫画家されている。
それだけ漫画を読む人が増えている証拠だし、時代が変化しているのだ。

『読書をお金に換える技術』(ぱる出版)
千田琢哉
「小説」や「ビジネス書・実用書」だけを
読書だと思っている人は多いですよね。
しかし、漫画だって、
「書を読む」で読書です。

漫画なんて読書とは言わないよ!!
と言っている人は、
本当の読書の魅力を知らない人です。
もっと厳しいことを言えば、
上っ面だけの読書しかできていないのでしょう。
「文章ばかりの本」=「良い本」
ではありません。
「難しいことを誰でもわかるように
書いている本」こそ
素晴らしい本なのです!!
「ビジネス書・実用書」で
漫画化されているものは、
最近では人気があります。
いくつかリンクを貼っておきます……

【稼いでいる人から学べ!!】

 

金持ち 画像

デニス・ウェイストリー、スティーブン・R・コヴィー、マーク・フィッシャーなどの本は、ちゃんと読んで習慣化すれば間違いなく稼げるようになる。
すでに稼げる模範解答があちこちに転がっているにもかかわらず、どうしてみんな読んで行動に移さないのか不思議で仕方がない。

『読書をお金に換える技術』(ぱる出版)
千田琢哉
私は「本は使うものだ」と
理解した瞬間に、
自分の人生が劇的に変わりました。
それまでは、本を読んでも……

この人は、いいこと書くな〜
まるで他人事のように本を読み、
自分の行動に変化はありませんでした。
し・か・し!!
私は本に書いてあることを
紙に書き出してみることで
行動せずにはいられなくなったのです。
「お金」に関する本は山ほど
出版されているにもかかわらず、
日本人の貧富の差は開くばかりです……
稼ぎたいのであれば、稼いでいる人の
真似をすることが、一番の近道です。
金持ちの、お金の使い方ではなく
金持ちの行動を真似するのです!!
本の著者は、あなたの師匠です。
師匠から学んで行動すれば、
必ず結果はついてくるのです!!

【書籍紹介】

 

評価
読みやすさ
本の特徴 ・ 全159ページ
・ 章分けされていない
・ 50の項目で1つの説明が簡潔
・ 読書術の本
・ 初心者でも読める
こんな人にオススメ

・ 読書は意味がないと感じる

・ 読書で稼ぐ方法を学びたい

・ 読書をしても日常が変わらない

 

【まとめ】

・ ビジネス書が苦手なら漫画を読もう

・ 稼いでいる人の、行動を真似しよう

・ 『読書をお金に換える技術』を読もう!!

CO-2N イラスト

『読書をお金に換える技術』は
最初にも書いたとおり、
「稼ぐ」に特化した読書術の本です。

言い換えれば、「読書を仕事に活かす方法」
でもあるのです。

人生の成功者たちは、
高い確率で「影響を受けた本」
出会っています。

あなたが今日までに
「影響を受けた本」がないのであれば
明日から、その1冊を探すために
書店へ行きましょう!!

あなたが知らないことは、
その道のプロから学べばいいのです。

 

本と共にあれ ■

はてブボタン画像

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事