TVやネットに騙されない生き方。

2020年1月16日更新!!

 

どうも、CO-2Nです!!

 

いきなりですが、あなたは1日にどれだけ無駄な時間を過ごしていますか?

 

こんなことを聞かれて即答できる人はいないですよね……

 

では質問を変えましょう。

あなたは1日で、どれだけの時間をTVやネットに費やしていますか?

 

3時間くらいかな?

 

と少なく見積もる人も多いのですが……

 

結果は以下の通りです。

 

日本人で「テレビを見る」と答えた92%の人の1日あたりの平均視聴時間は3時間13分

日本人で「ネットをする」と答えた69%の人の1日あたりの平均利用時間は2時間12分

 

合計……

 

5時間25分!?

 

1日24時間ですから、1日の約1/4の時間を「TVやネットに費やしている」と言えますね……

 

この結果を伝えると……

 

TVやネットを見ることの、何が悪いの?

 

と言われることがあります。

私はTVやネットが「悪い」とは思いません。

問題は、見る側がうまく利用しなければ、「ただの時間の無駄」になるということです。

 

1日24時間を、効率よく使える人と効率の悪い使い方をしてしまう人は、何が違うのでしょうか?

 

・ やりたいことを時間内にできない。

・ もっと効率よく時間を使いたい!!

・ ついTVやネットに時間を取られてしまう。

 

⬆️に当てはまる方、必見です!!

 

 

【TVやネットしか見ない人は、騙される?】

 

TVもネットも楽しいものです。

しかし、TVやネットの情報を鵜呑みにしていては、気づかぬ間に騙されることになるでしょう……

 

最近の事例で言うと「AI関連」の印象操作が目立ちました。

 

「AIが人類を滅ぼす日が近い!!」

 

こんな言葉を目に、耳にした人は多いでしょう。

しかし、AIについて研究している人の多くが……

 

AIによって人類が滅亡することはありえない

 

とおっしゃっています。

 

では、なぜTVやネットで「AIが人類を滅ぼす日が近い!!」なんて嘘を書く必要があるのか?

 

理由は1つです。

 

その番組や記事を「見てもらうため」です。

 

TVやネットは「視聴率」「クリック数」が命です。

たとえ嘘の情報でも、多くの人が……

 

気になるから見てみよう!!

 

と思って「見られる」ことが目的で、情報の正誤は関係ないのです。

 

このトリックに引っかかると、やがてどうなるのか?

 

「どれが真実で、どれが嘘なのか?」という判断ができなくなってしまうのです。

 

人に騙されていい気分になる人に、私は出会ったことがありません……

 

おそらく、あなたも「騙されたい!!」なんて思いませんよね?

 

【ニュースは役に立たない!?】

 

ニュースは勉強になるから見るべきよ!!

 

こう主張する人もいるでしょう。

これに対して、私の答えは「NO!!」です。

 

では、あなたが今日見たニュースで、自分の人生を左右するようなニュースはいくつありましたか?

 

「政治家が汚職をした」

「芸能人が結婚した」

「新作ドラマの主演が決まった」

「あおり運転で、人が亡くなった」

 

あなたの明日の生活に直結するものはありましたか?

ないですよね?

 

そして、こんな情報はTVを見ていなくても、みなさんの見ているSNSに上がってくることでしょう。

 

詳細を知ったところで、「自分も気をつけよう」「よかったね〜」で終わらせられることが多いのです。

 

そもそも、TVやネットの情報は「記憶に残りにくい」ということもわかっています。

 

「あなたが昨日見たニュースで覚えているものを10個あげてください」

 

と言われて、詳細まで話せるニュースは10個も出てこないでしょう。

それなのに、ニュースを見る価値ってありますか?

 

無駄な時間を過ごしていることを認めたくはないものです……私もそうでした。

しかし、この時間を「自分のスキルアップ」の時間に当てることができる!! と気がついた人は、言うまでもなく成長します!!

 

 

【視聴時間を決めよう】

 

では、TVやネットと、どう付き合えばいいのでしょうか?

 

答えは簡単……「視聴時間を決める」です。

 

TVやネットの悪いところは、以下の通りです。

・ とんでもない嘘が混ざっている。

・ 人生を変えるような情報はない。

・ 知らぬ間に時間が過ぎていく。

 

3つ目の「知らぬ間に時間が過ぎていく」は、悪い言い方をすれば時間泥棒です。

 

一人暮らしを始めた頃の私は、家に帰宅すると見たい番組もないのに「まずTVをつける」習慣がありました。

 

しかし、あるとき気がつきます……

 

一人暮らしをしてから、やりたいことが何一つ終わらなくなったぞ……

 

原因は、いうまでもなくTVでした。

 

ここから私の生活が変わります。いきなり「TVを全く見ない」という生活をするのは無理でしたが、「視聴時間を決める」「見たい番組が終わったらTVを消す」というルールを決めたのです。

 

すると驚くことに、時間が余ったのです!! この時間を何に当てたのか? 私は読書に没頭しました。

 

冒頭でも書いた、TVの平均視聴時間3時間13分を1/3削るだけで1時間以上も時間ができるのです!!

 

私は、TVとの付き合い方を変えただけで「世紀の大発見」をした気でいましたwww

 

その後に成功者が、そんなことは当たり前の習慣にしていると知って、「ですよね……」と思ったのは言うまでもありません……

 

【やっぱり本を読みましょう】

 

つ・ま・り!!

 

毎度のことで、いい加減しつこいと思われそうですが……

 

「読書は最強」です!!

 

こんなに多くの情報で溢れている時代に「正しい情報」を素早く手にするためには、本が最強です!!

 

本は、出版社の編集者というプロが何度も「これは真実か?」「嘘はないか?」をチェックします。

少しでも嘘があれば、出版社の信頼に関わりますから……

 

昔読んだ本に、編集者の素晴らしい仕事っぷりが紹介されていました。

 

ある作家が書いた小説の編集中に「朝5:02発の始発列車に乗って……」という一文を見た編集者が、片っ端から電車の時刻表を調べた結果、「この小説で設定されている地域には、5:02の始発列車は存在しないため、始発列車の時刻の変更をお願いします」と赤ペンで書かれた作家がいた。

 

ここまでされたら、「すいませんでした!!」としか言えませんよねwww

 

このレベルで編集をしているのですから、情報の信頼度は高くて当然です。

 

もちろん編集者も人間ですから、間違えることもあれば、最新の研究によって新事実が発覚すれば、過去の本で嘘は見つかるでしょう。

それでもプロの目を通して作られた本は、これからの時代も残り続けることは間違いありません……

 

早いうちから読書に取り組むほど……

 

これは正しい情報で、こっちは間違った情報だ……

 

という判断する目が養われるでしょう。

 

【まとめ】

・ TVとネットは嘘が混ざっている。

・ ニュースはあなたの生活を豊かにしない。

・ 視聴時間を決めよう!!

・ やっぱり本が最強!!

しおつん

「時間が足りない!!」という人はいますが「時間が余っている!!」という人は、あまりいませんよね?

 

「仕事が忙しい」というのは1番簡単ないいわけです。

しかし、原因の多くが日常生活にあります。

 

TVやネットと上手に付き合わなければTVとネットは、あなたの時間を奪う「時間泥棒」に姿を変えることでしょう……

 

 

 

CO-2N

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事