タイトル画像

 

2020年4月3日更新!!

 

 

年間読書冊数212冊のCO-2N(しおつん)が本を解説します!!

CO-2N イラスト

今日の1冊は……

 

『脳がめざめる「教養」』(日本実業出版社)

著者 茂木健一郎

Amazon画像

 

こんな人にオススメ

・ 脳科学を学びたい人

・ 教養の身につけ方を知りたい人

・ とにかく自由に生きていきたい人

 

⬆️に当てはまる方は、必見必読です!!

タイトル画像

 

 

【著者 茂木健一郎 プロフィール】

茂木健一郎(もぎ けんいちろう)

1962年 東京生まれ
脳科学者

[経歴]

・ 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了
・ 理学博士
・ ケンブリッジ大学
・ 現職はソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー
・ 専門は脳科学、認知科学。「クオリア」
・ 文芸評論家、美術評論にも取り組む
・ 自身の著書の多数出版

 

【『脳がめざめる「教養」』 結論】

教養を身につけて、自由に生きよう!!

本書の中で茂木さんも書いていますが、
今や「教養」は日本の書店でブームです。

しかし、本を1冊読み終えたから
教養が身につくなんてことは
あり得ません……

これを「フェイクの教養」
とおっしゃっています。

「教養」という言葉は、
聞いたことがあっても
「知識」と同じ意味で使っている
人が多くいます。

『脳がめざめる「教養」』では、

本当の「教養」とは何か?

教養を身につけると
なぜ自由を手に入れることができるのか?

ということが学べます!!

 

【常に情報をアップデートしていく】

 

アップデート 画像

難しいことがあるとすれば、「情報を得ようとする」姿勢が自分の中にあるかどうかだけです。
情報を得る姿勢を忘れず、インプットの停滞を打破しようとする。それこそが静的教養に留まらず、動的教養をも身につける第一歩です。

『脳がめざめる「教養」』(日本実業出版社)

茂木健一郎

 

「静的教養」「動的教養」については
ぜひ、本書を読んで確認してみてください。

ここで伝えたいことは
常に情報をアップデートする
クセを身につけるということです。

今の世の中は「超情報化社会」です。
様々なフェイクニュースも飛び交う
中で、真実を見つけるためには
教養が必要です。

1つの意見だけに耳を傾けるのではなく
多くの意見を聞いて、
自分で考える力がなければ、
たちまち情報に飲み込まれてしまいます。

私たちも、iPhoneと同じように
定期的にアップデートする必要があるのです。

 

【常に好奇心を持つこと】

 

好奇心 画像

好奇心を持たないということは、新たな価値を見出すことができないということでもあります。つまり、新しい価値、イノベーティブなビジネスとは、すべて好奇心から生まれてきたものだと言えるわけです。

『脳がめざめる「教養」』(日本実業出版社)

茂木健一郎

 

難しい言葉が並んでいますが、
赤線で書いてある

「好奇心を持たないということは、
新たな価値を見出すことができない」

ということに注目してみましょう。

好奇心がなければ、自分の
価値観だけで生きていくことになります。

教養を身につけるとは、
自分にない価値観を
自分のものにしていく作業ともいえます。

新しいことにチャレンジしたい!!

知らないことを、もっと追究したい!!

など、自然と好奇心がわくことが
理想ですが、なかなか難しいですよね。

そんな人は、、、

今の自分は
何に興味があるのか?

ということを紙に書いてみましょう。

すると、挑戦したいことのリストが
完成するはずです。

 

【書籍紹介】

 

読みやすさ
読書ランク 初心者・中級者・上級者
本の特徴 ・ 全203ページ
・ 全5章に分かれている
・ 各章6〜9の項目
・ イラストが少々
・ 専門用語がややある
・ 脳科学に基づいた内容
・ 「教養」の身につけ方を学べる
こんな人にオススメ

・ 脳科学を学びたい人

・ 教養の身につけ方を知りたい人

・ とにかく自由に生きていきたい人

【まとめ】

・ 情報に飲み込まれないように自分の考えを持つ

・ 好奇心を持って、新しいことにチャレンジする

・ 『脳がめざめる「教養」』を読もう!!

CO-2N イラスト

「教養」については、
あえて深く説明せずに書きました。

理由は、本書に
「教養とは何か?」が
詳しく書いてあるからです。

「教養」という言葉に
「???」という人は
読んで損なしの1冊です!!

はっきり言って、
多くの人が「教養」を
身につける習慣がありません。

ということは、
『脳がめざめる「教養」』を読んで
実践することで「多くの人」から
抜け出すことができるのです!!

チャンスは今しかありません!!

 

本と共にあれ ■

はてブボタン画像

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事