本の読み方 ③「気づきの3感」を見つけよう!!

 

年間0冊……

10ページも本を読めなかった私が

年間212冊の本を読めるようになった方法を教えます!!

 

2019年12月15日更新!!

 

・ 本を読んでも内容を忘れてしまう。

・ 本から学んだことを活かしたい!!

・ どこに大切なことが書いてあるのかわからない。

 

上記に当てはまる方、必見!!

 

本を読んでいると、あなたは「気づき」を発見することになるでしょう。

 

「なるほど!!」「これは面白いぞ!!」「こう書いてあるけど、本当にそうかな?」など、いろいろなことを感じながら読書を進めていくと思います。

 

しかし、読み終わったときに「気づき」をすべて覚えていられるでしょうか?

むずかしいですよね?

 

そもそも「気づき」を探すことが、最初はむずかしいでしょう。

太字になっているところは「全部大切なんじゃないか?」と感じて、マーカーを引いていると、マーカーを引きすぎてしまって「本当に大切なところ」がわからなくなってしまいます。

(学生時代の私の教科書は、常にそんな感じでした……)

 

「気づき」は簡単なルールを決めてしまえば、誰でも探すことができるのです。

それを私は気づきの3感と呼んでいます。

 

「気づきの3感」を知ることで、あなただけの「気づき」を素早くチェックできるのです!!

 

では、本編で詳しく解説していきましょう!!

 

 

 

 

【気づきの3感】

 

あなたの「気づき」を3つのパターンで分けましょう。

その3つの「感」とは……

 

「共動・違和

 

の3つです。

それぞれ解説していきます。

 

「共感」

 

あなたが「その通りだ!」「同じことを思っていた!!」と感じるところが「共感」です。

この「共感」を見つけることで、自分の考え方に自信をつけてくれる効果があります。

自分の考えと同じ仲間に出会ったときに……

「自分の考え方は間違っていなかったんだ」と感じるときがあるように「共感」することは「自信」につながるのです。

 

本の中から「共感」を探して、自分の考えに自信をもつクセをつけましょう。

 

しかし「共感」で見つけたことが「すべて正しい」と思い込みすぎることは気をつけなければいけません。

 

あくまでも、「共感」は3つの「感」のうちの1つです。

「共感」ばかりの本からは、新しい知識を得ることはできません。

かたよった考え方は、あなたの成長チャンスを奪ってしまいます。

「自信」をつけることは良いことですが、「過信」をしないように気をつけましょう。

 

 

「感動」

 

あなたが「これは凄い!!」「新しい考え方だ!!」と感じるところが「感動」です。

「感動」はあなたの未来を変えてくれるものです。

今まで、あなたの人生を変えてくれるような人に出会った人がいれば、その人は、あなたの未来を確実に変えているはずです。

「この人についていこう!!」「この人みたいになりたい!!」など、あなたの人生に大きな影響を与えてくれることでしょう。

 

この「感動」は、3つの「感」の中では1番探しやすいでしょう。

 

「感動」を探すためには、あなたが著者の書いていることを「素直に受け入れる力」が必要です。

 

「この著者は、〇〇大学を出ているから、こんなことが言えるんだ!!」など、人と自分を比べて、新しい意見を受け入れる心がなければ、「感動」を発見することはむずかしくなります。

 

「本の著者は自分の師匠だ」と思って本を読むことで、「感動」をより多く発見できることでしょう。

 

自分の尊敬する人や、好きな人が書いている本を読むと「受け入れよう」という気持ちは自然と湧いてくるので、おすすめです。

 

「違和感」

 

あなたが「これは違うんじゃないか?」「今は理解できないな……」と感じるところが「違和感」です。

「違和感」は、あなたに考えるクセを身につけてくれます。

どんなに著者が書いてあることを受け入れる心があっても、あなたが「違和感」を感じてしまう言葉があるでしょう。

 

この「違和感」は3つの「感」の中では、1番大切にしてほしい「感」です。

 

多くの人が「この考え方は自分には受け入れられないから無視しよう!!」と「違和感」は捨てられやすい「感」なのですが「違和感」は、本を読み終わったあとに「なんだ、そういうことか!!」と解決することが多いのです。

 

つまり「違和感」は、読み終わったあとに「共感」にも「感動」にも変化する可能性を秘めているのです!!

 

「ずっと疑問に思っていたこと」がふとした瞬間に解決すると、気持ちいいですよね? あの感覚は「違和感」がなければ生まれません。

本を読むとき、「自分は5歳の子どもだ」と言い聞かせると、「なんで?」「どうして?」が多くなり、たくさんの「違和感」を発見できることでしょう。

 

【付箋を使ってみよう!!】

 

どんなに「気づきの3感」を見つけても、読み終わったあとに忘れてしまっては意味がありません。

私が1番オススメしているのは付箋(ふせん)」を貼ることです。

※ 写真参照

 

 

「気づき」にマーカーを引いたり、ペンでアンダーラインを書く人もいますが、私が付箋をオススメする理由は……

 

Check!!
本を閉じている状態でも、「気づき」がどれだけあったのか? 
一目でわかる。

 

ペンで書き込むと、毎回本を開かなければ「気づき」を確認できません。本棚にたくさんの本が並ぶと、確かめるのが面倒になってしまうのです。

ドッグイヤー(本の角を折り曲げて犬の耳のようにすること)でもいいのですが、本を綺麗な状態に保ちたい人もいるでしょう。

 

また、付箋のメリットは「はがせる」ということです。

 

あなたが「気づき」を発見して付箋をつけたところは、次に同じ本を読んだときには「当たり前にできること」に変わっているかもしれません。

 

「付箋貼ってあるけど、これはもう習慣になっているな……」

「前は感動したのかもしれないけれど、これは常識に変わっているな……」

 

こう感じたときは、貼っていた付箋をはがします。

この瞬間こそが、自分の成長を感じることができるのです!!

 

ペンで書いてしまうと、うまく消せても跡が残ってしまったり、本を傷つけてしまいます。

 

 

写真のように、本を開いたところに付箋の束を貼り付けておくことで、いつでも素早く「気づき」に付箋を貼ることができます。

100円均一で、種類が豊富に揃っているので、自分の好みで選ぶといいでしょう。

ちなみに私は、1番薄くて細いタイプの付箋を使っています。

 

お気に入りの映画は、何度も観てしまうように、本もお気に入りの本を見つけると、2度目が読みたくなります。

そんなときに付箋が貼ってあれば、巻き戻しや早送りをすることなく、自分が読みたい名シーンならぬ、名ページに飛ぶことができるのです。

 

 

【まとめ】

 

「気づきの3感」を見つけよう!!

「共感」「感動」「違和感」をチェックしてみよう!!

付箋を使うと、自分の成長を感じることができる。

 

「本をただ読むだけ」では、読み終わったあとに、内容だけではなく「大切なところ」さえも忘れてしまうこともあります。

これでは本から学べることは、とても少なくなってしまいます。

 

本は「読む」ではなく、読み終わったあとに「使う」ものです。

 

学んだことを日常や仕事で活かすことができて、はじめて「本を読んでよかった」と心から感じることができるのです。

 

別記事で「アウトプット」について書きますが、アウトプットするときにも「付箋」を貼っておくと、効率よくアウトプットができるので、オススメです。

 

付箋を貼ること以上に「こんなやり方もありだな……」と思うことがあれば、ぜひ挑戦してみてください。

あなたのオリジナル読書法を見つけると、読書は楽しくなるでしょう。

 

本と共にあれ ■

 

はてブボタン画像

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事